研究会DMfG「減災デザイン・ミーティング」

様々な自然災害からの「減災」を進めるために、デザインの力で貢献できるのか。確かな効果を出すことができるのか。その可能性や具体的な取り組みを様々な視点から考察し、実践に活かしていくための考察を深める研究活動として、関心のある方が集い、学びあう機会としての催しを開催します。

運営体制

■ プロジェクトメンバー

当プロジェクトの目指すところや方向性を描くコア推進者

  • 相良二朗
     神戸芸術工科大学
     芸術工学会特設委員会Ⅱ代表
  • 下尾邦之
     名古屋造形大学プロダクトデザインコース教授
  • 平林英二
     阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
     企画ディレクター
  • ほか

■ 事務局

減災デザイン・プロジェクト 事務局

代表 相良二朗

〒651-2196 
神戸市西区学園西町8-1-1

芸術工学会 特設委員会Ⅱ「減災と復興へのデザイン力」内

■お問合せ:

http://www.gensai-design.com

Web 内フォームでお寄せください。

Eメール office(at)gensai-design.com(at)はアットマークに変更してお送りください。

担当 : 平林・森口

「減災デザイン&プランニングコンペ2017」

6年目となる2017年のテーマは「災害からの学びを活かす」です。プロダクト系デザインに加え、情報ツールや社会システム等も含めた広義のデザインにおける「減災」のアイディアを公募し、優れた提案を表彰します。

新着情報

「減災コミュニケーション・バンダナ」コンテスト2016

当プロジェクトでは、これまでのコンペと並走する形で、今後、各回具体的なテーマを設定した新たなコンテスト企画を実施します。その第1回「バンダナ」のデザインをテーマとします。530mm の正方形に何をプリントするのか。そこの減災とコミュニケーションのための機能をどう込められるかを問い、追求します。

お問い合わせ

減災デザインプロジェクトへのお問い合わせはこちらよりお申し込みください。

メッセージをお受けしました。
※現在調整中です。ご質問は個別のプロジェクトサイトより行ってください。